イベント


(12月13日開催) 微細加工プラットフォーム シンポジウム

微細加工プラットフォーム(代表機関:京都大学)では、
ナノテク、微細加工技術の情報発信と関係者の交流を目的に
下記のシンポジウムを開催いたします。
産学官、様々な研究開発分野より、多くの皆様の御参加をお待ちしております。

文部科学省 2021年度 微細加工プラットフォームコンソーシアム シンポジウム
  • 日時:2021年 12月 13日(月) 13:00〜16:45
  • オンライン開催(Zoom Webinar 利用)
  • 参加費:無料 (事前登録制)


  • 『共用施設から生まれるイノベーション』〜ナノテクが拓く未来〜
    文部科学省の委託事業である微細加工プラットフォームは、
    大学等の施設の共用と蓄積された知によって
    研究者の課題解決と研究開発の支援を目的として、
    2012年度から10年間、共用事業を推進し、
    多くの大学や企業の研究者、技術者の方々にご活用頂いてきました。
    本シンポジウムでは、10年間の活動、取り組みを振り返りながら、
    ナノテクノロジー研究開発への貢献、共用事業のさらなる発展に向けて、
    過去、現在、未来のプラットフォームについてご紹介します。

    13:00 主催者から  微細加工プラットフォーム代表機関 運営責任者 小寺 秀俊
    13:05 挨拶       文部科学省 研究振興局 参事官 江頭 基
    13:10 基調講演    「ナノテクプラットフォームのレガシーを新事業に活かそう」
                  文部科学省 ナノテクプラットフォーム プログラムディレクター 佐藤 勝昭
    13:40 特別講演   「微小光熱源ナノヒーター®素子」 (東京大学支援)
                  (ナノテクノロジープラットフォーム令和2年度秀でた利用成果 最優秀賞)
                  株式会社イノバステラ 取締役CTO 杉浦 聡
    14:20 活動報告
            (1)微細加工プラットフォームの10年間の活動の振り返りと今後に向けて
               微細加工プラットフォーム代表機関 運営責任者 小寺 秀俊
            (2)共用施設・技術支援の進化、成長
               ・京都大学 ナノテクノロジーハブ拠点 佐藤 政司
               ・東北大学 ナノテク融合技術支援センター 菊田 利行
            (3)共用事業の技術資産と今後の活用
               「〜利用報告書の分析と価値創造〜」
               微細加工プラットフォーム代表機関 共同代表 秋永広幸
    15:40 ポスターセッション「微細加工プラットフォーム実施機関の紹介」
    16:40 閉会/主催者挨拶
    ■お申込みは<こちら>をご覧ください。
    ------------------------------------------------------------------------------
    ■【お問い合わせ】
      微細加工プラットフォームコンソーシアムシンポジウム事務局
      Email:nanofab-coordinators(at)t.kyoto-u.ac.jp 
           ※(at)をアットマークに変更してからご使用ください

    ■関連リンク<https://www.nanofabsymposium.org/>

    ■添付ファイル<こちら>をご覧ください。



    過去のイベント

    ログイン
    ユーザー名:

    パスワード:


    パスワード紛失

    アクセスカウンタ
    今日 : 5252
    昨日 : 114114114
    総計 : 347782347782347782347782347782347782